ブログ

マナブログのブログ記事書き方講座要点まとめ!

マナブログのブログ記事書き方講座要点まとめ!
教えて君
manablogを運営しているマナブさんがブログ記事書き方講座のYouTube動画を始めたみたい。

すごい参考にはなるんだけど、忘れそうだなぁ。

そうなんです、その時はすごい参考になると思っていても、大体次の日には忘れてしまうわけです。

やはりインプットしたらアウトプットすることは重要ですね。

マナブさんはブログ記事書き方講座を無料で公開してくれていますが、マナブさんの動画は無料でも有料級のものが非常に多いです。

・・・というわけで、今回は、マナブさんのブログ記事書き方講座で、自分がコレ重要だな!と思う点をまとめて、自分で後で見返して思い出せるようにしようと思いました。

KAKERU
今回は、私の備忘録的記事になりますが、「どの動画だっけなぁ?」と見返すこともなく、あなたのお役にも立てるのではないでしょうか?

マナブログのブログ記事書き方講座第1回要点まとめ

要点まとめ

  • SEOのテクニックばかり学んでいる人は、SEOのテクニックばかり学んでおり、読者に向けてではなく、Googleに向けて記事を書いている。
  • SEOのテクニックに目を向けながら、同時に読者にも目を向けるべき。
  • 記事を書く際のスタート地点はキーワード(読者の悩み)。
  • キーワードの抽出は、ラッコキーワードがおすすめ。
  • ラッコキーワードで上に表示されるものほど検索が多くされており、一番検索されやすいものから、上から書いていくべき。(収益が生まれやすい。)
  • 「副業 バレる/副業 バレない」、「副業 バイト/副業 アルバイト」のように似たキーワードはどっちかで良い。
  • キーワードを選んだ後は、読者の悩みを考える。(例:「副業 スマホ」→第1段階「スマホだけで稼げる副業が知りたい」、第2段階「ネットの知識自分はないけど大丈夫かな?」、第3段階「早めに稼ぎたいんだけど詐欺とか怖いな・・」)
  • 友達に向けて書く、たった一人の人に向けて書くことが重要。(悩みを抱えている想定読者に向けて書く。なるべく身近な人に向けて記事を書く。)
  • テンプレ(①問題提起、②結果の明示、③結果の根拠、④行動)を使う。
  • キーワードから浮かび上がった読者の悩みを目次にして、記事を書いていく。

要点は上の通りですが、キーワードが「副業 スマホ」の場合、テンプレはこうなります。

①問題提起:読者が抱えている悩みや問題を明確にする。

  • スマホだけで稼げる、副業を知りたい
  • ネットの知識とかゼロでも、大丈夫かな
  • 早めに稼ぎたいけど、詐欺とか怖いな

②結果の明示:あなたの記事を読むとどうなるのかを具体的に伝える。(①問題提起に対して目次を作る。)

  1. スマホだけで稼げる副業まとめました
  2. ネットの知識ゼロでも大丈夫な理由
  3. 副業する際に注意すべき詐欺3つ

③結果の根拠:②で示した結果が出る根拠を伝える。

④行動:読者の行動は?(マネタイズ設計)

KAKERU
第1回では、①問題提起、②結果の明示までの内容でした。

この動画を観て思ったのは、1記事1キーワードが原則ということです。

どういうことかと言うと、「スマホ 副業」に関してのみの記事作成として、「スマホ 確定申告」等は同じ記事には書かないということ。

当たり前のことかもしれませんが、私はこれができていなかったように思います。

私がトレンドブログを運営していた頃は、キーワードをタイトルに詰め込みすぎになっていて、その記事を読めばメインキーワードに対して総合的に知ることができるという感じになっていましたが、広く浅くになっていて、深掘りできていませんでしたね。

マナブログのブログ記事書き方講座第2回要点まとめ

要点まとめ

  • キーワードから読者の悩みをリサーチする手順は、「①検索してみる」、「②タイトルを見る」、「③記事の序文を読む」。
  • Googleが用意した箱を意識することが重要。(※「副業 スマホ」の場合のGoogleが用意した箱:「まとめ:60%」、「体験談:10%」、「求人サイト:10%」、「YouTube:10%」、「広告:10%」)
  • 上位を取るには、まとめ記事、インパクトのある体験談が狙い目。
  • キーワードと記事の方向性を一致させることが重要。
  • 導入文は「読者へのメッセージのパート」である。ここで読者の心をつかむことができなかったら、この時点で離脱されてしまう。
  • 読者のニーズを考え、こういった人がクリックするだろうなというタイトルを考える。
  • あまりにも文字数が多くなりそうだったら、もう1つキーワードを増やして、「副業 スマホ 安全」のようにして特化してもOK。(※3つ目の「安全」のキーワードはGoogleのサジェスト。)
  • 上位サイトに勝てそうにないキーワードでも書くべき。
  • 「最短距離で稼ぎたい」という思考を捨てる。

マナブログのブログ記事書き方講座第3回要点まとめ

要点まとめ

  • 先に書くのは読者の一番濃い悩みにする。(タイトルに含まれているキーワードを全て含む内容を一番最初に持ってくる。)
  • 例えば、「英語 上達 早い」というキーワードなら、「①英語上達早い人は、○○の特徴あり」、「②英語上達の効果的な3つの方法」という順序で書く。
  • 結果の根拠は「権威性」、読者の行動は「マネタイズ設計」が重要。これを理解している、理解していないでは雲泥の差がある。
  • 権威性は、自分が経験者だったり、その分野で実績がある等で、信頼性を生み出しているということ。
  • ノースキルで実績がないという人は、「権威を引用する」、「体験を利用する」、「年数を利用する」、「実績を利用する」、「ブランドになる」を理解しておくと良い。
  • 「英語 上達 早い」のキーワードの場合、「権威を引用する」とは、「ネイティブの先生に聞いてみた」等。(※ノースキルで実績がない人向け)
  • 「体験を利用する」とは、「留学経験がある」等。(※ノースキルで実績がない人向け)
  • 「年数を利用する」とは、「1年の留学経験がある」等。(※ノースキルで実績がない人向け)
  • 「実績を利用する」とは、「アメリカの大学を出ている」等。
  • 「ブランドになる」とは、「英語学習のプロである私が解説します」等。(※難易度MAX)
  • 稼ぐ人というのは「読者に行動を促している」。稼げない人は「読者に行動を促していない」。
  • 全ての記事には存在意義がある。
  • 全ての記事からセールスしない。(押し売りしない。)
  • 集客用の記事、収益化用の記事を意識する。

以下は、関連した参考になる動画・記事です。

確かに全記事の最後にアフィリエイトリンクを貼っている人いますよね。

集客用の記事と収益化用の記事を意識するのは超重要だなと思いました。

集客用の記事では、その記事内ではセールスを行わず、別の記事に流し、ワンクッション、ツークッション挟んでから収益化記事に誘導するのが重要ですね。

コレ、自分は以前は全然できていなくて(今でも微妙ですが・・・)、既にある商品を購入した人に対して、その商品のアフィリエイトリンクを貼っていました。(売れるわけがない(笑))

マナブログのブログ記事書き方講座第4回要点まとめ

要点まとめ

  • 導入文は読者の悩み・本記事の内容・著者の経験を記載する。
  • まとめ形式の場合、本文にどのような内容を書けばよいかは、競合サイトを見てみる。
  • 主張形式の場合、主張・理由・具体例・反論への理解・主張という流れで記事を作成する。理由や具体例は複数あってもOK。主張は1つだけ。

マナブログのブログ記事書き方講座最終回要点まとめ

要点まとめ

  • タイトルには、キーワードを入れる。キーワードを前半部分に入れる/入れないはあまり気にしなくてOK。
  • タイトルで読者の疑問に答える。
  • 最初の見出し=タイトルとなる。
  • タイトルで煽らない。PVが増えても滞在時間が減る。
  • 基本的に、タイトルは32文字以内に収める。検索結果で切れないように。
  • タイトルに数字を入れる。(例:読書をする際の3つのコツ)
  • タイトルに目を引くワードを使う。(例:【簡単】読書をする際の3つのコツ【研究にて実証された方法です】)
  • 書きっぱなしではダメ。順位をチェックし、10位以内にランクインしたら優秀。入らないようだと、改善が必要。

以下は、関連した参考になる動画と記事です。

-ブログ

© 2020 KAKERU LAB -カケルラボ-